フランス革命により、断頭台のギロチンによってその人生を閉じた

悲劇の王妃マリー・アントワネット

マリー・アントワネット

 

慣れないフランス王室での生活を紛らわすかのように

贅沢三昧な生活をおくっていた彼女は、

フランス革命前に民衆が貧困と食料難に陥った際、

「パンがなければお菓子を食べればいいじゃない」

発言したとされます。

「マリー・アントワネットが愛した日本の伝統工芸「蒔絵(まきえ)」」の続きを読む…