スポンサード リンク

投資家は絶対に知っておきたい「バンドワゴン効果」。仕手株ではとくに気をつけろ!

マーケティングの世界では大変有名な

「バンドワゴン効果」って知っていますか?

バンドワゴン

「バンドワゴン効果」とは、

アメリカの経済学者

ハーヴェイ・ライペンシュタインが

提唱した現象です。

………………………………………………………………
スポンサード リンク


………………………………………………………………

「バンドワゴン効果」とは

ある製品やサービスが流行すればするほど、

自分も欲しくなるという群集心理で、

他人という外部要因によって、

自分の購買意欲が高められる効果のことをいいます。

 

例えば、一昔前に流行った

花畑牧場の「生キャラメル」を覚えていますか?

柔らかい食感が新しいと大変評判になりました。

 

最初は北海道のみでの販売だったのが、

マスコミや、クチコミで一気に広まり、

客が押し寄せ、、長蛇の列を作りました。

 

これが「バンドワゴン効果」です。

 

一方、株式相場にも、

この「バンドワゴン効果」を利用したものがあります。

 

アメリアで有名なトレーダー養成機関

「プリスティーン」の創始者、

オリバー・ベレスとグレッグ・カプラが書いた

『デイトレード~マーケットで勝ち続けるための発想術~』

株式相場における「バンドワゴン効果」について

解説されていますのでご紹介します。

 

ある1台のバンドワゴンが、

楽しげな音楽を鳴らしながら通りを行きます。祭り1

バンドワゴンの上には、音楽にあわせて

楽しそうに踊る人たちがいます。

 

彼らが通りにいる人たちに呼びかけます。

「おーい、後ろの列に加われよ。

一緒に音楽に合わせて踊ろうぜ!」

 

やがて通りにいた人たちは、

1人また1人と、

バンドワゴンの列に加わっていきます。

殺到

 

最初にバンドワゴンで踊っていた人たちは、

さらに周囲に呼びかけます。

 

「みんな踊っているのに

なんで君たちは踊らないんだ?

早く加わらないと、音楽が終わっちゃうよ」

 

それを聞いた人たちは、

自分だけ祭りに乗り遅れるわけにはいかないと、

次々に列に加わります。

 

人々が我先にとバンドワゴンの列に加わり始めたころ、

最初にバンドワゴンの上で踊っていた人たちは、

そっとバンドワゴンを降りて消えます。

誰も気づきません。

 

やがて、列に加わり踊り狂う人たちで

道はあふれかえり、

バンドワゴンは身動きがとれなくなります。

パレード1

人々はますます興奮して踊り、

中にはバンドワゴンの上に飛び乗る人もいます。

 

完全に身動きが取れなくなった

バンドワゴンは停車します。

 

すると突然、バンドワゴンがバックして

後ろの人々をなぎ倒します。

 

そして、今度は前に突っ込んで

人々を踏みつぶします。

混乱

音楽は知らないうちに終わっていて、

何が起こったのか理解できない人々は、

茫然とバンドワゴンを見つめます。

 

バンドワゴンは、さらに前後に突進し

道を作ろうと人々をなぎ倒します。

 

ここで、ようやく人々は我にかえり

パニックを起こして逃げ出します。

脱走

しかし、バンドワゴンを囲んでいた人の数が多すぎます。

前も後ろも人、人、人です。

 

人が人を踏みつけ、押しつぶし

ドミノ倒しになって、何人もの人たちが

大ケガを負います。

 

一握りの人たちが

踏みつぶされまいとして、

バンドワゴンにしがみつきます。

 

バンドワゴンの周りはケガ人の山です。

ケガ

 

しばらくして、どこからともなく、

この様子を見ていた人たちが

満足げな表情を浮かべて現れます。

 

彼らは誰なのでしょう?

 

そう、1番最初にバンドワゴンの上で踊り、

人々に列に加わるよう誘っていた人たちです。

 

彼らは、ケガをして身動きがとれない人たちの前で

次のゲームの支度を始めます。

 

そしてバンドワゴンは再び動き出します。

 

彼らのリーダーらしき人が言います。

「さあ、もう1度やるぞ!」

 

祭り1

バンドワゴンは再び楽しそうな音楽を鳴らし、

再び彼らは楽しそうに踊り始め、

同じことが繰り返されるのです。

(『デイトレード~マーケットで勝ち続けるための発想術~』
第2章「バンドワゴン効果~マーケットの仕組みを垣間見る~」より)

 

「バンドワゴン効果」の影響を受けた人は、

まわりの人たちに乗り遅れまいという欲望によって、

なかなか自分が

取りこまれていることに気付かないのです。

 

株式相場の「仕手株」は、

まさにこの「バンドワゴン効果」を利用しています。

 

ちなみに「仕手株」とは、

「仕手筋」と呼ばれる人たちによって

大量の資金を使って

意図的に株価が操縦された株のことをいいます。

 

大量の資金が流れ込むことによって、

株価は、企業業績とは無関係に

数倍へと跳ね上がりますが、

相場が終わると一気にもとの株価へと

急落するのが「仕手株」の特徴です。

株価

 

株価が急騰しているときは、

「みんな儲かっているので

自分も流れに乗り遅れたくない」という欲望と、

「みんな買っている」という安心感が

投資家心理を支配します。

 

まさに「バンドワゴン効果」です。

 

「この株はまだまだ騰がるぞ!」

「一儲けするぞ!」

短期的に儲けようと、多くの投資家が、

仕手株に殺到します。

 

投資家が殺到して

「仕手相場」を踊っている間に

仕手筋はきれいに売り逃げて

巨額の利益を得ているのです。

 

仕手株はいずれ

適正の株価に落ちていくとわかっていても、

バンドワゴン効果によって

投資家たちは

「自分もこの相場に一枚噛みたい」

「仕手相場、やらなきゃ損だ!」

殺到してしまうんですね。

 

怖いですね~~。

 

投資家のみなさん、

仕手株のバンドワゴン効果には

くれぐれも気をつけてくださいね。

………………………………………………………………

スポンサード リンク


………………………………………………………………

このエントリーをはてなブックマークに追加

1件のトラックバック

コメントを残す