スポンサード リンク

日本人の50%はお酒を飲めない体質。「フラッシング」「フラッシャー」って何?

日本人の約半数が、

じつはお酒を飲めない体質だって

知っていますか?

千鳥足

………………………………………………………………
スポンサード リンク

………………………………………………………………

お酒を飲むと

アルコールが肝臓で分解され、

「アセトアルデヒド」という物質に変わります。

アセトアルデヒド

 

このアセトアルデヒドという物質は毒性が強く、

吐き気、呼吸促拍、心筋梗塞を起こす有害物質です。

 

アセトアルデヒドは

「ALDH(アセトアルデヒド脱水素酵素)」と呼ばれる酵素により

さらに分解され「酢酸」に変わります。

 

その後、「二酸化炭素」と「水」に分解され、

体外へと排出されます。

 

このALDHですが、

「ALDH1」「ALDH2」の2種類があり、

アセトアルデヒドをせっせと分解するのは

主に「ALDH2」のほうです。

 

「ALDH2」はさらに2種類のタイプがあります。

よく働く「ALDH2*1」と、

あまり働かない「ALDH2*2」です。

 

すべての欧米人は「ALDH2*1」を持っていますが

日本人は、全体のおよそ50%しか持っていません。

 

残りの45%の日本人が持っているのは、

「ALDH2*2」のため、

アセトアルデヒドを分解する働きが弱く、

また5%の人にいたっては、

この「ALDH2*2」が、ほとんど満足に働きません。

 

つまり日本人のおよそ半分は、

アセトアルデヒドの分解に時間がかかるか、

もしくは分解そのものができないため、

少量のアルコールでも悪酔いしやすいのです。

酔っ払い

 

よくコップ一杯のビールを飲んだだけで

顔を真っ赤にする人がいますが、

これは「ALDH2*2」の働きが少ないために

アセトアルデヒドが分解されていないからなのです。

 

ちなみに飲酒によって顔が赤くなることを

「フラッシング」といい、

赤くなる人を「フラッシャー」

赤くならない人を「ノンフラッシャー」と呼びます。

 

二日酔いの原因も、

体内に大量に取り込まれたアセトアルデヒドを

「ALDH2*2」が分解しきれず、

体内に残ってしまうことによります。

二日酔い

 

この「ALDH2」の2タイプは

両親の遺伝子によって決定されます。

 

両親がともに「ALDH2*1」を持っていれば

子供も「ALDH2*1」を持つことになり、

お酒に強い「上戸」になります。

 

逆に両親が「ALDH2*2」の場合、

子供も「ALDH2*2」を持つことになり

まったく飲めない「下戸」か、

多少は飲むことができるが、

少し飲むと顔を真っ赤にする

「フラッシャー」ということなります。

 

お酒に「強い」「弱い」は

遺伝による生まれつきのものなのです。

 

お酒に弱い人は、周りの人にあわせて

無理に飲もうとするより、

自分の体質を周囲の人に理解してもらい、

自分にあったお酒の飲み方をするようにしましょう。

飲み会1

………………………………………………………………
スポンサード リンク

………………………………………………………………

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す